モーニングアフターピルを入手して心に余裕を手に入れる

モーニングアフターピルとは、緊急避妊薬とも呼ばれるものであり、何らかの事情で避妊に失敗し、望まない妊娠を回避するために薬です。
ただ、緊急避妊薬は、効果が高い反面、強制的に生理を引き起こすなど、身体に大きな負担をかけてしまいます。
ゆえに、通常の避妊薬のように毎日常用することはNGとなります。
計画外の妊娠を望まない方は、万が一に備えての保険薬として準備しておかれると心に余裕を持つことができますので、予備薬として常備しておくことは、おすすめします。

モーニングアフターピル 入手の方法については、医師による処方のほかに、個人輸入という形で、入手されている方が多いようです。
個人輸入は、医師の診断、処方せんがなくても、個人での使用に限り、輸入規定量の個人輸入が、法律で認められています。
なお、面倒な手続きなどは一切なく、国内の通信販売と同じように、ネットから注文するだけで商品が届きます。

個人輸入に関しては、一切の責任は自己責任となります。
アフターピルには、重篤な副作用はありませんが、女性ホルモンの減退によって生じる、生理のような消退出血や不正子宮出血、倦怠感、下腹部の痛みなどが生じた場合には、医師に相談するようにしましょう。

モーニングアフターピルは、卵子の排出・受精卵の着床を阻止してくれますが、妊娠中絶薬ではありません。
ゆえに、アフターピルは、服用以前にすでに妊娠している場合には、効果を発揮しませんので注意しましょう。
妊娠しているかが不安な方は、アフターピルを服用する前に、妊娠検査薬で確認するようにしましょう。
妊娠していた場合には、アフターピルの服用はNGとなります。
なお、アフターピルは、性交後の服用が早ければ早いほど、効果を発揮しますので、事前に購入しておくことをおすすめします