モーニングアフターピルで体重の増加はあるのか

望まない妊娠を避けるためには避妊はしっかり行っておくことが大事ですが、何らかの原因で避妊がうまくいかなかった、失敗してしまったということもあります。

そういった場合はモーニングアフターピルを飲むことで妊娠を避けることもできますので、避妊のことで不安があるという場合は早めに婦人科などの医療機関に相談してみましょう。

モーニングアフターピルは緊急避妊薬とも呼ばれており、性交以後に72時間以内に飲むことで妊娠を防ぐという薬です。
時間が経つと避妊の効果も薄れてしまいますので、できるだけ早く飲むように心がけましょう。

そしてこうした薬を使う場合は、やはり気になるのはその副作用ではないでしょうか。
ピルを利用すると体重が増加しやすいともされていますが、低用量ピルの場合は体重の増加はあまり心配はいらないとされています。

モーニングアフターピルの場合は体重の増加はあるのかということとなりますが、この場合は毎日飲む低用量ピルとは違い、あくまで一時的に飲む薬ですから、そういった心配はあまりないと言えるでしょう。

モーニングアフターピルを飲んだあとは急激にホルモンバランスが変化し、生理前や妊娠中に近い状態になりますが、薬の成分は2日ほどで体から抜けていきます。
体重が増えたという場合でも脂肪がついて太ったというよりも、一時的にむくみなどで増えていることも多いものです。

モーニングアフターピルで大幅に体重が増加するという心配はほぼないと言えますが、一時的に副作用が強く出る場合もありますので、こちらは注意したいところです。
主な副作用では頭痛や嘔吐、吐き気などがありますが、一時的なものなので時間が経つにつれ軽くなっていきます。
症状がつらい場合は担当の医師に相談してみましょう。