モーニングアフターピルで避妊可能な仕組み

モーニングアフターピルは、妊娠を望まないのに様々な理由により避妊ができなかったり、コンドームが破れてしまうなど避妊に失敗した時に使う薬です。モーニングアフターピルを避妊できなかった性行為後72時間以内に服用し、その12時間後にもう一度薬を服用することで避妊が可能になります。
モーニングアフターピルは、中絶薬ではなく妊娠を予防するための薬です。モーニングアフターピルには、日常的に使用する低用量ピルと同じように女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれています。モーニングアフターピルを服用することにより、黄体ホルモンと同じ作用を起こす物質が子宮へ到達し人工的に支給で黄体ホルモンが分泌された状態を作り出せます。飲み終わると黄体ホルモンが子宮へと来なくなるため、人工的に黄体ホルモンが分泌されない状態となり、生理が起こります。排卵が抑えられ、受精卵が子宮に着床するのを阻害することで妊娠を防ぐことが可能になります。そのため、モーニングアフターピルは、着床完了後に服用しても効果がないため、性行為72時間以内に服用するようになっています。性行為後、早く服用すればするほど避妊率が高まり、妊娠を防ぐことが可能となります。理想的なのは12時間以内に服用することです。
副作用として、吐き気や嘔吐、頭痛などのつわりのような症状がありますが、通常24時間以内には治まるとされています。中絶手術に比べると身体的リスクや麻酔に伴うリスク、経済的・精神的な負担は低いとされています。しかし、100%避妊ができるわけではなく、急にホルモンバランスを乱しているため、身体への負担は大きいです。あくまでも緊急的な場合にのみ用いる薬です。