Monthly Archives: 11月 2014

薬は私達の生活に無くてはならない存在です。
腹痛等の身近な症状の改善から、生死に関わる病気の治療まで、様々な場面で頼る事も少なくないです。

人間は年齢を重ねるごとに、様々な疾患にかかる可能性が増えていきます。
複数の疾患を同時に抱える場合も少なくないです。
そうなると、それらの疾患の治療や改善のために、薬を服用する事も増えていきます。
場合によっては、一つの疾患に対して複数が処方される場合もあり、疾患が複数になると服用しなければいけない薬の数も多くなります。

服用する薬が多くなった場合に、心配になってくるのが飲み間違いです。
飲み間違いは期待する効果を得る事が出来なくなったり、場合によっては重い副作用を引き起こす原因になったりする事もあります。
飲み間違いを防ぐ事は、非常に大切な事なのです。

薬の飲み間違いを防ぐ工夫としては、いくつかの方法が考えられます。
一つ目の方法としては、薬を分配するというものがあります。
一週間ごと等に服用する薬を朝・昼・晩等に分配しておくのです。
これによって、飲み間違いを起こすリスクも減少します。

二つ目の方法としては、証拠を残しておくのも有効です。
服用し終わった薬のパッケージを、決めておいた容器に一日分ごとに入れておくという方法です。
これによって、本人や家族等が服用内容を確認する事が出来ます。